結婚式準備は時短で!お客様の負担を減らすためにはじめたサービス

こんにちは!ナナイロウェディングの吉川です。

突然ですが、みなさんはスマホやパソコンの無い生活は考えられますか?

私は無理です!

最近では支払いもほぼスマホで、財布を持ち歩かないことが増えました。Google先生のナビがなければ目的地へ行くこともできません。仕事だってパソコンを取り上げられたら何も出来ません。


今回は、そんなデジタルツールの恩恵を受けまくりの私が、「ナナイロがムービー素材のオンライン入稿をはじめた経緯」についてお話しします。紙写真のデータ化や楽曲アップロードの方法の記事もご案内しているので、ぜひ最後までご覧ください!

【この記事を書いた人】

吉川 頌子
クリエイターチーム
地元・京都と犬を愛し、映画と音楽、雑貨屋巡りが趣味。最近は第4次韓流ブームの沼にハマり中。ひとつひとつ丁寧なムービー制作を心がけています。

忙しい新郎新婦様のためにオンライン入稿開始!

ナナイロウェディングではこれまで、ムービー素材の提出方法は郵送のみでした。パソコンをお持ちでない場合は写真を全てプリントし、コメントはシートに手書きで記入。また、楽曲の変更にはCDも送付いただく必要がありました。

想像しただけでも、「なんか面倒そうだな」って思いますよね。

スマホが普及してから、写真をプリントする人はかなり減ったと思います。私もスマホに13,000枚以上の写真があるんですが(これって多いんですかね?)撮影しただけで終わっていて、2度と見返したことのないものも多々あります。

幼少期の写真は紙でお持ちの方が多いですが、新郎新婦様が出会ってからの写真はデータであることがほとんどです。


それなのに、わざわざプリントしたり、ましてや古いアルバムから写真を剥がして郵送するのは手間がかかりますよね。(紙写真をスマホでデータ化する方法は後ほどご紹介します!)

文字を書く機会もみなさん減ったのではないでしょうか。私は最近宅配便の受け取りサインくらいしか、日常的に文字を書くことがありません。事実、平成26年の文化庁の調査では、文字を書く機会が「よくある」と答えた人は38.2%だったそうです。(平成26年「国語に関する世論調査」より)

スマホやパソコンでの文字入力なら手軽なのに、わざわざムービー用のコメントを手書きするのは時間がかかります。特にプロフィールムービーだと、約30箇所以上のコメントが必要です。それにオープニングムービーとエンドロールが加わるとしたら…まぁ大変ですよね。


結婚式準備はやることがたくさんあってとても忙しいです。お仕事をされている新郎新婦様は「時間がない!」とお困りの方も多いと思います。そこで、みなさんが簡単に少ない時間でムービーの準備ができるように、2019年の夏頃にオンライン入稿が可能な仕組みに変更しました。

オンライン入稿はメリットがたくさん

現在では9割以上のお客様がオンラインで素材を提出されています。オンライン入稿のメリットは、なんと言っても「簡単・早い・安心」です。

マイページにログイン後、スマホやパソコンに保存されている写真をアップロードし、コメントを入力するだけでOKです!通勤時間を活用して、スマホで電車の中から素材提出をしたというお客様もいらっしゃいます。

映像修正依頼もこれまではメールで該当箇所をお知らせいただいていましたが、マイページの専用フォームからご連絡いただけるようになりました!(楽曲を変更される場合はパソコンからのアップロードをお勧めしています。アップロードの方法は後ほどご紹介します)


郵送だと制作キットをお客様へ発送し、素材が全部揃ったらご返送いただくので、時間がかかってしまいます。しかしオンライン入稿なら、お客様の素材アップロードが完了したら制作開始です!それに特急プランがご利用いただけるのもオンライン入稿のポイントです。

また、思い出の写真を第三者に預けることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思います。昔の写真はフィルムがなければ焼き増しができないので、とても大切ですからね。

それではここで、オンライン入稿を実際にご利用いただいたお客様の声を少しご紹介します。

“準備するものもシンプルで分かりやすく、写真の差し替えや文章の変更の簡単だったし、こちらは最低限のことをするだけで、あれだけの作品が出来るのは嬉しかったです。(愛知県 YNさま)”

“作成方法も簡単で助かりました。 これなら誰でも作成できると思うのでおすすめしたいです。 (千葉県 IAさま)”

お客様の声をもっと見る

お客様に合った方法が選べます

郵送での入稿も「郵送らくらく便」としてご用意しています。


9割以上の方がオンライン入稿をなのになぜ?と思われるかもしれません。でも、

「紙写真のデータ化は簡単だけど、もうそれすらも面倒だから全部お任せしたい!」

「デジタルツールの操作が苦手」

といったように、お客様のご要望は様々です。

私たちにとって大切なのはお客様目線で考えたサービスを提供することなので、みなさんに合った素材提出方法を選べるようにしています。

どちらがお二人にとって便利なのか、ぜひ話し合ってみてください♪

***

それでは最後に、関連記事をご案内します。

まずは、紙写真をデータ化する方法です。通常のスマホカメラでも可能ではありますが、光の反射を抑えてくれる便利なアプリを使用します!

紙写真のデータ化の詳細へ

オンライン入稿で楽曲をアップロードする方法の記事内では楽曲変更の際に必要なISUMについても説明していますので、ぜひご一読いただけますと幸いです!

楽曲変更についての詳細へ

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

記事一覧をみる