【実例図説付き】ブルーレイとDVDの違いは?画質を比較説明!

こんにちは!「ナナイロなハナシ。」第16話は、ブルーレイ(Blu-ray)ディスクとDVDの画質比較についてお送りします。実際にどのくらい違うのか、比較画像を用いてご説明します!

DVDとブルーレイの違いを比較

まずは、ブルーレイディスクとDVDの違いについて確認してみましょう。


ブルーレイはDVDより圧倒的に高画質

画素数はDVDが35万画素に対し、ブルーレイは207万画素と約6倍となっています。「画素」とは「ピクセル(pixel)」とも呼ばれている画像の最小単位のことです。また、「画素数」とはその最小単位の「ピクセル」が一定の範囲内にどれくらい存在するかを表しています。

次の画像で見ると、右の方が一定範囲内にたくさんのピクセルが存在しているので高画質、つまりブルーレイのことになります。


それでは実際にナナイロウェディングのサンプルムービーで画質を見比べてみましょう。


右がブルーレイですが、左のDVD画質よりも鮮明に見えます。特に人物の表情など、全体ではなくポイントを見ると一目瞭然です。

大容量なので音も高音質

ブルーレイは「リニアPCM」「ドルビーデジタル」「DTSデジタルサラウンド」という3種類の高音質形式をサポートしており、拾える音が多いのが特徴です。また、音質が良くなるとその分データ量も多くなりますが、ブルーレイはDVDよりも大容量なので、質の高い音が記録できます。

ブルーレイは傷がつきにくい

ブルーレイもDVDも水や静電気でデータが読み出せなくなることはありません。「直射日光や高温を避け、湿度が高くならない場所」など適切な環境で保管すれば、10年~20年もの間、データを残すことができます。特にブルーレイは、ハードコート処理されていて傷がつきにくくなっています。

上映会場での確認もお忘れなく

披露宴会場や二次会会場など、ムービーを上映する場所によってはブルーレイディスクに対応していない機器を使用している場合があります。

ムービーを用意する前に、ブルーレイディスクが再生できるか事前に会場にご確認ください。

大切な思い出を長く楽しむならブルーレイがオススメ

一生の思い出になる結婚式ムービー。ご家庭にあるテレビでもブルーレイの画質の良さは一目瞭然です。お気に入りの音楽をご使用のムービーなら高音質で楽しめるのもうれしいですね。

ナナイロウェデイングでは4,800円(+税)でブルーレイを追加購入いただけます!当日の投影はもちろん、ご親族へのプレゼントや保管用に、きれいな映像で長期保管可能なブルーレイを選ばれてみてはいかがでしょうか?

ブルーレイオプションの詳細ページへ

この記事を書いた人

吉川 頌子
クリエイターチーム
地元・京都とコーヒーを愛し、映画と音楽、雑貨屋巡りが趣味。最近は第4次韓流ブームの沼にハマり中。ひとつひとつ丁寧なムービー制作を心がけています。
迎 瑠璃
カスタマーサポートチーム
ネイルとコスメ収集が趣味。最近やっと好みのマスカラに出会えました。一人ひとりと親身に向き合い、素敵なムービーが作れるように精一杯サポートいたします!

記事一覧をみる