披露宴で盛り上がったスピーチの演出と京都らしい和婚とは

「ナナイロなハナシ。」第13話は、お客様インタビューvol.5をお送りします!今回ご協力いただいたのは、亀代様ご夫妻。結婚式で新郎様の緊張を演出に変えたアイデアや、京都での和婚の様子についてお伺いしました!

(※新型コロナウイルス感染予防のためオンラインでインタビューを行いました)

ナナイロの決め手は「自分たちの性格に合ったムービー」

鈴木:ナナイロウェディングをお選びいただいた理由は何ですか?

亀代様:シンプルだけど可愛い商品が魅力的でした!

鈴木:広告などご覧になってナナイロにたどり着かれましたか?

亀代様:いえ、ネットで「ウェディングムービー」と検索して知りました。

吉川:ナナイロのオープニングムービーは現在5種類ありますが、そのなかでScrapにされた決め手は何でしたか?

亀代様:私たちの性格から、自分たちの写真を前面にどーんと出した、印象の強いスタートにはしたくなかったので、イラストや装飾が可愛いScrapを選びました。

鈴木:まず自分たちのことをゲストに知ってもらうという点ではScrapはぴったりですね!

吉川:趣味や、お互いの第一印象などを紹介するシーンがあって見応えもあるので、披露宴開始前の待ち時間に上映するのにオススメのムービーです!

コロナ禍で結婚式に参加する方法

吉川:亀代様は結婚式会場が京都の平安神宮とのことでしたが、私も京都出身なので、お写真を拝見しながら地元に想いを馳せてました(笑)

亀代様:そうだったんですね!同郷ですね♪

吉川:神社での挙式スタイルはどんな雰囲気でしたか?和装ですか?

亀代様:はい、挙式では白無垢を着て、披露宴のお色直しでは色打掛にしました。

鈴木:いいですね〜純和風って感じで。

吉川:京都も結婚式場は色々あると思いますが、平安神宮に決めた理由は何だったんですか?

亀代様:私が色打掛を着たかったからというのが一番大きな理由ですね。なので和が合うところが良いと思って。それに主人が「古き良き」が好きなタイプなので。チャペルみたいな会場も見たんですけど、眩しいくらいに白く輝いたところが多くて、自分たちのイメージとは合わないねって話になって(笑)

鈴木:確かに、キラキラ系も多いですね(笑)

亀代様:そうなんですよ。あと、平安神宮の見所はお庭なんですが、そのお庭を背景にした式場だったのが魅力でした。

吉川:コロナ禍の結婚式でしたが、当日はどんな様子でしたか?

亀代様:主人の地元の友人が遠方に住んでいて、参加出来ないとなったので、仲の良い友人にiPadを持ってもらって、挙式の様子をzoomで配信してもらいました。

吉川:すごい!いわゆるオンライン参加ですね!

鈴木:ほんとに今ならではの結婚式ですよね〜。技術が発達していて良かったなってつくづく思います!

結婚式が決まったら写真は早めに手元に取り寄せるのがオススメ!

鈴木:準備も何かと苦労されたと思いますが、一番大変だったことは何ですか?

亀代様:動画の素材を提出してから出来上がるまでの期間を逆算してなかったんですよ。コロナの影響で実家に帰りづらかったので、幼少期の写真も親に頼んで探してもらったりしたんですけど。親は写真に思い入れがあったのか、悩んで全然写真が到着しないなんてことがありました(笑)

吉川:わかります!私も実家に写真があるので親にお願いしようか悩んでいるのですが、自分が選んだ方が早いと思ってます(笑)

亀代様:親はちゃんと1歳ずつ写真がないとダメだと思ってたみたいです。

鈴木:なるほど、そこで結構時間を使ってしまったわけですね。

亀代様:そうなんです。なので間に合わないんじゃないかと思ったんですが、ナナイロさんは特急便があったので、安心して使わせてもらいました(笑)

吉川:準備中に旦那様と喧嘩などはされましたか?

亀代様:喧嘩というほどではないですが、私はずっと締め切りに追われている気持ちだったんですけど、主人は「これいつまでにやらなあかんの?」みたいな温度感の違いにイライラすることはありました。

鈴木:温度差の違いは挙式前カップルあるあるですね!

亀代様:主人に当たらないように努力はしましたけどね〜。

吉川:めっちゃわかります。「こっちは期限を守ろうと頑張ってるのに、なんでアンタはそんなにゆっくりしてるんや?」って結婚準備以外でも思うことがありますし、腹立つ(笑)

鈴木:腹立つんですね(笑)

吉川:鈴木さんも結婚したらきっと言うでしょうね・・・(笑)

結婚式が決まったら両家の意見を早めに聞いておくと◎

鈴木:ムービー以外では悩んだところはありましたか?

亀代様:そうですねー、主人の親に何度か会って親しい関係性を築けていたら良かったんですが、コロナでそうはいかず、結婚挨拶に伺って以降は挙式当日まで会えてなかったんですよ。だから、結婚式に対する意見のすり合わせが難しかったですね。

鈴木:電話で話し合われたりしたんですか?

亀代様:はい。だから直接会って決めるより時間はかかったと思います。

吉川:義理の両親に伝えておいてって言ったことが一度旦那さんでフィルターがかかってしまって、全部が伝わり切ってないことがよくありますよね〜。

亀代様:そう、そうなんですよ!(笑)

鈴木:挙式当日が久々の再会って結構緊張しますよね。

亀代様:当日私たちはもうスタッフの方に言われるがままにウロウロしていたので、「今日はよろしくお願いします」って義両親に挨拶をする間もなく始まっちゃったって感じでしたね・・・。

吉川:大変でしたね・・・コロナは本当に色んなことを難しくしてしまいましたよね。

鈴木:本当に、結婚式の準備はただでさえ大変なのに。

亀代様・吉川・鈴木:早く元の生活に戻れますように!

結婚式の最大の見せ場はカンペ・・・!?

吉川:準備されている時になにか参考にされた媒体はありますか?

亀代様:準備にまつわる悩みもですし、結婚式でどういったことが出来るかなどのヒントはインスタを見ましたね。

吉川:やっぱりインスタが圧倒的に強いですね〜!

鈴木:ですね〜!よく検索したハッシュタグとかはありますか?

亀代様:「#プレ花嫁」や「#結婚準備」などで調べました。色々調べたアイデアの中でも1つすごく良かったものがあって。新郎が最後に喋る時に、お酒も飲んでるからセリフを覚えておく自信がないということで・・・

吉川:覚えるのは大変ですもんね!

亀代様:なので「俺のカンペ」を作ったんですよ。

鈴木:あー!知ってます!

吉川:え、私知らない(笑)(検索して)あぁ、カンペを隠さず堂々と出す演出のことですね!ほんとだ、皆さん「俺のカンペ」って文字を表紙に貼ってますね。

亀代様:そうです!でも「俺」って文字とか切り抜くのがすごく面倒くさかったんですよ(笑)

鈴木:大変そう(笑)カンペは新婦様が作ったんですか?

亀代様:表紙は100均で資料を入れる黒いファイルを買ってきて、外側に俺のカンペって印刷した紙を貼って、当日は読む前にみんなに表紙を見せてアピールしてから読んでました(笑)

吉川:これから読むぞって感じですね!盛り上がりそう!!

鈴木:結婚式自体は緊張されましたか?

亀代様:私は終始楽しかったです!花嫁の手紙も泣かずに楽しいを満喫できました!

鈴木:意外と新郎様の方が緊張されていたかもしれませんね!

亀代様:そうですね!最初の挨拶はカンペ無しだったので5秒ぐらい止まってました(笑)

吉川:めちゃくちゃ緊張されてたんですね(笑)

鈴木:楽しい結婚式になって何よりです!

和婚では新婦が先に入場

吉川:結婚式が終わった後に、すごく楽しかったからもう1回やりたいっていう花嫁さんと、準備が大変で疲れたからもういいやっていう花嫁さんの2パターンに分かれるんですけど、亀代様はどちらですか?

亀代様:なるほど〜!楽しかったのでほんとはもう1回やりたいなんですけど、2回目にこの感動や楽しさはないと思うから、この1回で良いと思います。

吉川:確かに。1回きりだからこその良さもありますよね〜。

鈴木:結婚式当日でなにか思い出に残っていることはありますか?

亀代様:友だちが私たちのためにすごく泣いてくれていて、それがとても嬉しかったですね!ちなみに親はオープニングムービーの上映から泣いてました(笑)

吉川:それは早い!(笑)でも私達のムービーで感涙いただけてうれしいです!

鈴木:私も友人の結婚式は結構泣きますね。挙式のベールダウンから泣きます(笑)あ、でも和装だとベールダウンはないですよね?

亀代様:和装はないですね!

吉川:和式の結婚式ははどのような流れなんでしょうか?

亀代様:入場は先頭が巫女さんで、新婦が先なんですよ。新婦の手を引くのは新婦の母で、その後ろに新婦の親族、新郎、新郎の親族の順番でしたね。

吉川:そうなんですね!初めて知りました!

亀代様:神前式は披露宴より少ない人数しか参加出来ないので、親族のみで行いました。式が始まったら三々九度でお神酒を飲んで、指輪の交換をして終了という感じです。

鈴木:指輪の交換は和婚でもやるんですね。まだまだ知らないことがたくさんありますね、吉川さん。

吉川:ほんとに、結婚式はしきたりの違いだけでなく、演出も十人十色なので、毎回お客様のお話を伺うのが楽しみです♪

新婚旅行はまず国内から

吉川:お二人はどのようにして出会われたんですか?

亀代様:共通の友人の紹介です。

鈴木:オープニングムービーのなかで、思い出のデートに「長岡の花火」と書かれていましたが、毎年行かれているんですか?

亀代様:あの写真の時に初めて行きましたが、すっごく綺麗でした!また行きたいですね。

吉川:新婚旅行はまだですよね・・・?

亀代様:まだ行けてないです〜。

鈴木:コロナが落ち着いたらどこか行きたいところはありますか?

亀代様:本当は新婚旅行なので海外に行きたかったんですが、しばらく行けそうにないので・・・うーん。 そういえば、関西の人ってあんまり東北行くことないんですよ。

吉川:確かに、あまり選択肢に上がってこなかったですね。少し遠いなってイメージがあって。社会人になってからは何度も行きましたが。

鈴木:そうなんですか!私は行きますよ。関東出身なのでちょっと近いからかな(笑)

亀代様:東北はほぼ行った事ないので、まずはそっちの方面に行きたいと思ってます!あと北関東も行く機会がなかったので、尾瀬とかに行きたいなーと思ってます。

吉川:私も全然行ったことないです。東京に引っ越したものの、栃木とかも思ってたより遠くて・・・(笑)

鈴木:それは吉川さんの行きたいという気持ちがまだ足りないんですよ、きっと(笑)ちなみに海外に行けるとなったら、どこに行きたいですか?

亀代様:主人は分かりませんが、私が行きたいと思っていたのはスペインです!!

吉川:情熱の国!いいですね〜ご飯も名所も買い物も、楽しいことが全部揃ってそう!

鈴木:旅行って予定を立てている時もすでに楽しいですよねー。新婚旅行なら尚更ワクワクですね!東北のご飯も美味しいので、まずは国内の新婚旅行から楽しんでくださいね!

結婚式は大勢の前で挨拶をしたりと緊張がつきもの。そんな時は、挙式の待合室や、披露宴会場での待ち時間にオープニングムービーを上映するのはいかがでしょう。会場の雰囲気が和やかだと少しはリラックスして挑めそうですよ!

ナナイロウェディングのオープニングムービーは、華やかなものからシンプルなものまで、現在5種類ご用意しておりますので、ぜひ皆様の結婚式にぴったりな雰囲気のムービーを探してみてください♪

ご注文いただいたムービー

Scrap(オープニングムービー)


この記事を書いた人

吉川 頌子
クリエイターチーム
地元・京都とコーヒーを愛し、映画と音楽、雑貨屋巡りが趣味。最近は第4次韓流ブームの沼にハマり中。ひとつひとつ丁寧なムービー制作を心がけています。
鈴木 彩加
カスタマーサポートチーム
歌とダンスと海が好き。愛犬のチワワを溺愛している。すべてのお客様にご安心いただけるよう、心を込めてサポート致します。何でもお気軽にご相談ください!

記事一覧をみる