両親への花束贈呈におすすめのBGMまとめ!披露宴の締めを感動的に演出する人気楽曲リスト

両親への花束贈呈におすすめのBGMまとめ!披露宴の締めを感動的に演出する人気楽曲リスト

結婚披露宴で両親への花束を贈呈するシーンにぴったりのおすすめ楽曲をまとめました。感動的な場面にふさわしいBGMを添え、これまで大切に育ててくれた両親への感謝と敬意を表現しましょう。花束贈呈のBGM選びでお悩みのカップルはぜひ参考にご覧ください。

目次

  1. 花束贈呈シーンのBGM選びのポイント
  2. 雨やどり/さだまさし
  3. Endless Road/fumika
  4. 道標/福山雅治
  5. 花束を君に/宇多田ヒカル
  6. Remember me/くるり
  7. ALL FOR YOU/安室奈美恵
  8. ボクノート/スキマスイッチ
  9. ママへ/AI
  10. 生きてこそ/Kiroro
  11. 花束のかわりにメロディーを/清水翔太
  12. 桔梗が丘/平井堅
  13. You Raise Me Up/Celtic Women
  14. まとめ

結婚披露宴の大詰め、新郎新婦から両親へ花束を贈呈するシーンはいまや定番の演出ですよね。

たとえ定番とはいえ、花束を受け取るご両親にとってみれば人生で一度きりの思い出に残るワンシーンです。これまで大切に育ててきた娘、息子から受け取る花束は、きっと人生で最も嬉しいプレゼントに違いありません。会場全体が感極まり思わず涙がこぼれる感動のシーンである花束贈呈には、ふさわしいBGMを選びたいものですよね。

花束贈呈シーンのBGM選びのポイント

「家族」がテーマの曲や落ち着いた旋律の曲を選ぶ

花束贈呈は新婦からの手紙の後、新郎新婦がご両親への感謝を伝える大切なプログラムです。楽曲選びにおいては、プログラムの感動的な雰囲気を支えることを意識しましょう。

例えば、両親がテーマの曲や家族がテーマの曲を選ぶと「ありがとう」メッセージを感じてもらうことができますよ。また、両親との思い出の曲を選んでみてもご両親が自然と新郎新婦との思い出を振り返ることができ、温かい気持ちになるでしょう。

また、花束贈呈は一般的には新婦の手紙の直後に行われることが多いため、手紙を読み上げる際のBGMとの曲のつながりを意識すると雰囲気のまとまりがある曲選びができますよ。

曲の歌詞や盛り上がりのタイミングに気をつける

花束贈呈のプログラムのBGM選びでは新郎新婦が花束を渡しやすい環境を整えることも意識しましょう。気をつけたいのはまず曲の歌詞です。邦楽の曲を選んだ場合は、ピアノバージョンやオルゴールバージョンなど、歌詞が入っていないアレンジにすることをおすすめします。

歌詞がないことで花束を手渡す際に添える新郎新婦からのひと言の邪魔にならず、しっかりと両親に想い伝えることができますよ。また、用意する曲の盛り上がりのタイミングにも気をつけましょう。花束贈呈の時間は1分程度しかないので、曲の盛り上がりのタイミングが遅い曲は避けた方が良いでしょう。イントロの長い曲は避けて、初めから華やかなサビが始まる曲を選ぶと、タイミングを調整しやすいのでおすすめです。

以上を踏まえ、花束贈呈シーンにおすすめの楽曲をいくつかご紹介します。

雨やどり/さだまさし

ご両親世代にファンの多いさだまさしの名曲です。女性目線から彼との出会いからプロポーズまでを可愛らしく描いた作品で、1977年の楽曲ですが多くのアーティストにカバーされているため、若い世代にも割と知名度の高い曲ではないでしょうか。メロディを聴いているだけでもほろりとしてくるこの曲は、ご両親にあらためて感謝を伝える花束贈呈のBGMにもぴったりです。

Endless Road/fumika

小柄ながらパワフルな歌声を持つfumikaの人気曲であり、マイナビウエディングのCMソングとしても注目を浴びた作品です。実際にウエディングコンシェルジュから集めた100を超える実話を元にて制作を行うなど、歌だけでなくミュージックビデオも感動的です。花束や記念品の贈呈シーンにおすすめしたい1曲です。

道標/福山雅治

人生の道標(みちしるべ)となってくれた両親への感謝を込めた楽曲で、花束贈呈のBGMにぴったりです。「あなたの笑顔 それは道標」「わたしたちを育て旅立たせてくれた あなたの その手が好きです」という歌詞は、新郎新婦それぞれから父や母に対する思いを表現してくれます。きっとご両親も大いに喜ばれるはずです。

花束を君に/宇多田ヒカル

「花束を君に贈ろう 愛おしい人 愛おしい人」という歌詞が花束贈呈シーンによくマッチする感動系バラードです。NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌であり、きっとご両親をはじめゲストにも馴染み深い1曲なはず。宇多田ヒカルが亡き母に宛てた曲ということもあり物悲しさも感じる部分もありますが、多くの披露宴で両親への花束贈呈のBGMに起用されている人気の楽曲です。

Remember me/くるり

くるりのRemember meも両親への花束贈呈シーンで人気の高いBGMです。「遠く離れた場所であっても ほら 近くにいるような景色 どうか元気でいてくれよ」という歌い出しから始まる歌詞は、新郎や新婦から両親へ宛てたメッセージに重ねることができますね。素敵なイントロと心地よいメロディーで披露宴会場を温かいムードで包んでくれる1曲です。

ALL FOR YOU/安室奈美恵

披露宴らしい華やなムードで花束を贈呈したいカップルには、ALL FOR YOUがおすすめです。安室奈美恵のスケール感ある歌声ときらびやかなメロディーが印象的な楽曲で、明るくも感動的なムードを演出してくれる楽曲です。

ボクノート/スキマスイッチ

おだやかなイントロからはじまるスキマスイッチのスローバラードです。心温まる歌声が魅力の1曲で、リリースから15年以上経つ今でもなお、花束贈呈シーンのBGMとして多くの新郎新婦が候補に上げるほどの人気ぶりです。スキマスイッチの「奏」や大橋卓弥の「ありがとう」と並んでブライダルシーンで人気の高いおすすめ曲です。

ママへ/AI

曲名は『ママへ』ですが、母親だけでなく父親への感謝も込めた楽曲として花束贈呈BGMにおすすめの1曲です。「何を言っても 言い足りない ありがとうも 物足りないくらい どうしたら伝わるのか」という母や父への感謝を綴った歌詞が素敵ですよね。この曲にあるようなめいいっぱいの感謝の気持ちをぜひ花束に添えて贈りましょう。

生きてこそ/Kiroro

両親へ向けた感謝の言葉があふれた歌詞が素敵な1曲です。新しく家族を作っていく新郎新婦が両親へ向けて感謝を述べ、これからは私達が両親のような素敵な夫婦になります。という決意表明にぴったりです。どのような披露宴であっても両親への花束や記念品を渡す感動的なシーンによくマッチする使いやすい作品です。

花束のかわりにメロディーを/清水翔太

「贈り物」をテーマにした作品で、ご両親へ今まで感謝を込めて渡す花束贈呈シーンで流せば会場全体が感動的なムードに包まれること間違いなしです。
サビに進むにつれて盛り上がっていきますので、結婚式場の音響担当者と打ち合わせて贈呈のタイミングをぴったり合わせるとより効果的です。

桔梗が丘/平井堅

優しいメロディと歌詞で新郎新婦が両親への感謝の想いを表すのにふさわしい楽曲です。子から親への感謝の気持ちと同時に、親が子供を思う気持ちを繊細に歌った曲ですので、ご両親の胸にも熱いものがこみ上げるはず。披露宴会場のゲストもきっと色々な気持ちをはせて聴くことができる作品でしょう。

You Raise Me Up/Celtic Women

トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香さんがエキシビジョンで使用し、日本中で話題となった楽曲です。様々なアーティストが歌っていますが、特にケルティックウーマンのバージョンは、バイオリンから始まるイントロ、透明感のある歌声、サビ部分での盛り上がりが荘厳な結婚式にぴったりです。歌詞の訳は、「あなたがいてくれるから、私は自分を超えられる」という意味で、これまで支えてくれた両親に感謝を伝える花束贈呈シーンによく合います。

まとめ

両親への花束贈呈シーンにおすすめのBGMをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

選曲のポイントは、感動的なバラードでありつつもしんみりしすぎない、温もりのある楽曲を選ぶこと。アーティストは男性であっても女性であっても問題ありません。歌詞の内容や新郎新婦ご自身の思い、ご両親の好み、披露宴のムードなどを考慮して選ぶと良いでしょう。また、ここでご紹介した楽曲以外にもピアノ曲やオルゴール曲をBGMとして流すのもおすすめです。

ぜひこの記事をきっかけにいろんな曲を聴き比べ、お二人の披露宴にぴったりの1曲を選んでくださいね。素敵なBGMとともに両親への花束贈呈が一生の思い出に残るシーンとなることを願っています。

花束贈呈シーン以外にも結婚式やBGMの選び方やおすすめ曲を知りたいという方は[最新版]結婚式の楽曲リスト!BGMの選び方とシーン別おすすめ曲をご覧ください。