結婚式で使いたいナオト・インティライミの楽曲リスト!先輩カップルが選んだ披露宴シーン別のおすすめBGM

結婚式で使いたいナオト・インティライミの楽曲リスト!先輩カップルが選んだ披露宴シーン別のおすすめBGM

披露宴でナオト・インティライミの曲を使いたい!という方のためにおすすめ楽曲リストをまとめました。ナオト・インティライミは2014年にISUMブライダルミュージックアワードを受賞するなど結婚式ソングで人気の高いアーティストです。ぜひお気に入りの1曲を選んでみてください。

目次

  1. ありったけのLove Song
  2. Together
  3. Overflows〜言葉にできなくて〜
  4. いつかきっと
  5. 恋する季節
  6. まとめ

結婚式でナオト・インティライミの曲を流したいというカップルのためにおすすめBGMリストをまとめてご紹介します。

夢であったワールドツアーを叶えるために単身世界一周の旅を敢行するなど、そのまっすぐな生き方に共感するファンも多いナオト・インティライミ。2001年に大学在学中に果たしたメジャーデビューから早20年。様々な経験を経て制作される作品には、その生き様に裏打ちされた深みが感じられます。

2014年にISUMブライダルミュージックアワードを受賞した『ありったけのLove Song』をはじめ、披露宴のさまざまなシーンで使われる楽曲がたくさんありますので、ぜひBGM選びの参考にしてください。

ありったけのLove Song

ナオト・インティライミの作品のなかでも結婚式で圧倒的な人気を誇るのが『ありったけのLove Song』です。

2014年のISUMブライダルミュージックアワードを受賞し、ブライダルシーンでも存在感を示しました。この曲は友人の結婚を祝福するために作曲された作品で、披露宴のビデオレターとして贈られたとか。男性からのストレートな思いを表現した素敵な1曲です。

特におすすめの利用シーン
  • オープニングムービー
  • 歓談中のBGM
  • プロフィールムービー
  • 新郎から新婦へのサプライズムービー

Together

資生堂SEA BREEZEのCMソングとして書き下ろされた爽やかなラブソングで、披露宴で流せば会場全体がしっとりとした心温まる雰囲気になる1曲です。ミディアムテンポで歌詞も聴きやすく、披露宴のあらゆるシーンにマッチするおすすめソングです。

特におすすめの利用シーン
  • 歓談中のBGM
  • テーブルラウンド
  • フォトセッション
  • エンドロールムービー
  • 送賓

Overflows〜言葉にできなくて〜

すれ違う男女の恋愛模様を表現した作品で、決して結婚をテーマにしてものではありませんが、ナオト・インティライミ好きな新郎新婦からは安定した人気を誇る楽曲です。二人の出会いからこれまでの日々を振り返り、共感できる部分があるカップルはぜひBGMに使ってみてはいかがでしょうか?

特におすすめの利用シーン
  • プロフィールムービー(二人パート)
  • 新郎から新婦へのサプライズムービー

いつかきっと

Togetherと同じく資生堂SEA BREEZEのCMソングで話題になった曲で、爽やかな夏の恋愛を描いたアップテンポな作品です。結婚式で流せばワイワイと盛り上がるパーティームードを演出してくれますよ。「君となら くだらないことでも笑い合えるんだ」「『拝啓、、将来のお二人様 今は幸せですか?』という歌詞は、人生を誓いあった新婦新婦の二人にふさわしい内容ですね。

特におすすめの利用シーン
  • オープニングムービー
  • プロフィールムービー(二人パート)
  • 新婦新婦の退場シーン
  • エンドロールムービー
  • 送賓

恋する季節

最後にご紹介するのは、恋する季節。「走り出す未来が 光り輝く季節〜」というサビは結婚式にふさわしく、これから二人で生きていく明るい未来をイメージさせてくれる1曲です。夏をテーマにした楽曲なので、サマーシーズンの結婚式には非常によく合います。披露宴では明るく盛り上がりたい場面で流すと効果的です。

特におすすめの利用シーン
  • ケーキ入刀、ファーストバイト
  • 新郎の中座シーン
  • テーブルラウンド
  • フォトセッション
  • 新婦新婦の退場シーン

まとめ

結婚披露宴におすすめのナオト・インティライミの楽曲をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ブライダルソングアーティストとして定着しつつあるナオト・インティライミの作品には、結婚式にふさわしい楽曲がたくさんありますよね。どの曲にしようか迷ってしまうと思いますが、ぜひこの記事を参考に新郎新婦のお二人で相談しながら選曲してみてください。

また、披露宴のBGMに関する著作権については適切な申請を行うことをお忘れなく。この記事でご紹介した楽曲はどれもがISUM(アイサム)に登録されています。式場の担当プランナーの方や結婚式ムービー制作会社を通じてISUM申請の手続きを依頼するようにしましょう。

このほか、映像演出に使うBGMについてお悩みの方は2021年版!結婚式プロフィールムービーおすすめ曲リストもぜひチェックしてみてくださいね。